リノバクション(改修)技術

リノバクションはミルタプールとして特許を保有している独占的な技術です。そして、このリノバクションは立証されているミルタ技術でしかも既設プールの改修のため特別に開発されたミルタ技術に基づいています。改修工程は壁、床材と分割あるいは組み合わせたオーバーフローガッターを含むかもしれませんが、大きな解体作業を必要としません。

高腐食性土壌の存在または高い地下水位に関係なく、リノバクションプールで使われるステンレス鋼の仕様は構造体に対して長い保証をします。
リノバクションは腐食の影響を多く受けるパネルの溶接を行わず、パネルを各々ボルト留めする構造としました。
ステンレス鋼は、プールの構造を形作るパネル、バットレスおよびすべての他の構成要素の高い機械的強度を確実にします。

ポリ塩化ビニール(PVC)は、プール防水処理材料として長年使われてきました:
滑りにくく、なめらかで、耐候性、耐薬品性があり、衛生的で、美観性を保有しています。
Myrtha®パネルにポリ塩化ビニールを接着する独特のプロセスによって、完璧な防水が確実なものになります。
堅いポリ塩化ビニールシートは製造プロセスにおいてステンレス鋼に加熱ラミネートされます。一方、ガラス繊維強化ポリ塩化ビニールシートがコンクリートスラブ表面になじむようプールの床に使われます。

高度な美的仕上げのためにリノバクション技術は、ポリ塩化ビニールの色と合うセラミックと特別な硝子モザイクを使用します。
プールが完全に防水シールされ、オーバーフローガッターが設置された後、セラミックタイルがミルタ表面へ貼られます。
ミルタステンレス鋼面にタイルを貼ることは、コンクリート上より非常に簡単でより安全です。
タイルの後ろからの水の漏れ出しの可能性がないので伝統的な課題となっている粘着力が長期に亘って持続しないという問題がなくなります。

angoloRenovaction

据付工程

 

リノバクションは既存の構造物の大がかりな解体を必要としません。それによって据付期間と全体の経費をかなりセーブすることができます。
既存のプールの内側は変わりません。プールの壁または床の付属部品だけは交換されます。

競泳プールのリノバクション

 

多くの既存のプールは、今日の衛生基準規則を満たしていません、したがって基準に合わせるために調整と修正の両方が要求されます。

レジャープールのリノバクション

 

新しいデザインとエンジニアリング基準を満たすために改修:
古いプールは曲線部、流れる川、水遊び装置と水流マッサージ域を含む多くのレジャー的な構成要素を加えて、グレードアップすることができます。